一口馬主電気羊は東京優駿の夢を見る

弾丸海外旅行について書くつもりでしたが、COVID19の影響でいつ行けるかわからず。そんな環境下で一口馬主にのめりこみ、血統研究もあわせておもったことを綴るブログです。友駿歴は2012年から9年、ノルマンディー2年、広尾YGG1年組、DMM・広尾・ウインにも入りました。でも一番応援しているのは岡田牧雄さんのノルマンディー。

友駿2019年産 評価①(関東馬編:2021年1月時点で募集中のみ)

友駿に加入してから10年近くになりますが、ここ数年のデビュー組は、ほとんど良いところなし。
ジャストマリッジ、ローズパルファンと出資馬が辛うじて未勝利脱出、勝ち上がってくれたものの、まだ1勝クラスどまり。

クラブとしても、中央での重賞勝ちは、エスポワールシチーまで遡る2013年が最後。
連対も、クラリティシチーの2着があったダービー卿チャレンジトロフィーが2015年。

寂しい限りです。

幸い、私の出資馬は勝ち上がりしてくれる馬が多くなんとか続けてますが、うーん。

とはいえ、起死回生を狙って、2019年募集組からもなんとか活躍馬が出てほしいところ。
友駿ホースクラブ 愛馬会


ほとんどのクラブが募集終了か、二次募集開始という状況ですが、シチーは満口がまだ2頭。人気ないですねぇ。
残りの9頭から活躍馬が出る可能性も?

ま、DMMよりはぜんぜんお買い得で良いと思いますけどね。

そんなところで私なりの評価を書いてみたいと思います。
なお、フルールシチーの2019と、シャルマンヒロインの2019は満口なので省略します。
フルールシチーの2019はロードカナロア産駒で良血でよいのですが、管囲が細いのが個人的には心配。足元大丈夫かな?

ソムニアシチーの2019 オス

ドゥラメンテ、母父メイショウサムソン、募集価格2000万円、1口4万円(500口)、兄モーリスシチー
http://www.yusyun-hc.co.jp/horse2019/1901.html

メリット

ドゥラメンテ産駒が今年大活躍、勝ち上がり率もダントツに高い。
・兄のモーリスシチーが新馬戦3着、血統的な安心感。モーリスよりもドゥラメンテのほうが芝ダートともに勝数多いです。
・芝ダート兼用できそう
・栗田徹厩舎なので○。同じドゥラメンテ産駒のタイトルホルダーが活躍してますね。

デメリット

・遅生まれ(5/7)
・遅生まれのせいもあるけど馬体重が405kg(10月末時点)

評価

価格を考えると妥当。今後の成長次第。
モーリスからドゥラメンテに替わるのは良さそうだし、ドゥラメンテとオペラハウス系の配合は、ホープフルS4着のタイトルホルダーの活躍で証明済み。
悪くはない選択肢だと思います。

フロイラインローゼの2019 オス

ハービンジャー、母父アドマイヤベガ、募集価格1800万円、1口3.6万円(500口)、姉ローズパルファン
http://www.yusyun-hc.co.jp/horse2019/1902.html

メリット

・なんといっても薔薇一族にハービンジャーという血統構成
・姉のローズパルファンは3歳夏に勝ち上がり。デムーロ鞍上の未勝利戦は圧勝劇で爽快でしたね。
・金成厩舎なら及第点

デメリット

・幌村牧場生産には目立った活躍馬なし
・5月3日という遅生まれ。で、体重も419kgと小さめ。ソムニアシチーの19よりは多いが。
・シチーの中では高めの価格設定。
 姉のローズパルファンの募集が800万円だったのに、牡馬に替わってハービンジャー産駒で1000万円アップ。

エイシンフラッシュハービンジャーは、種付料が100万円ほど違うので、ややしょうがない面もありますが、ダートがまったく駄目なハービンジャー産駒、これが多少リスクかな。

アーリースプリングの2019 オス <俺のイチオシっ!>

ディーマジェスティ、母父クロフネ、募集価格1200万円、1口2.4万円(500口)、姉テリオスベル(ダートで2勝)
http://www.yusyun-hc.co.jp/horse2019/1903.html
個人的には関東馬では一番高く評価したい馬です。

メリット

・兄弟が堅実に走っているところ。兄のマイネルアーリーは地方で活躍。テリオスベル(父キズナ)も2勝。
・姉のテリオスベルのキズナから、牡馬、そして父ディーマジェスティに替わって、よりダート適性が上がりそう。
・成長も順調。4/20生まれと決して早くはありませんが、460kg台あり、馬格も十分。
・相沢厩舎といえば名伯楽。これもプラス。

デメリット

ディーマジェスティ産駒が未知数。ディープ後継はダート適性が高いので、ダートではプラスか。

ケイティマイヒメの2019 メス

父シルバーステート、母父コロナドズクエストフォーティナイナー系)、募集価格1200万円、1口2.4万円(500口)、兄ブリッツェンシチー
http://www.yusyun-hc.co.jp/horse2019/1904.html
関東馬では唯一の牝馬。二番目に評価したい馬です。

メリット

・早生まれ(1/17)で馬格も十分、455kg(10月末時点)
・上原厩舎予定(ダイワメジャーダイワスカーレットでおなじみ)
・兄弟5頭のうち新馬勝ちが2頭!兄弟はぜんぶ勝ち上がり。
・古い順に父がブラックタイドキンシャサベルシャザールフェノーメノカレンブラックヒルと来て、シルバーステート(福永祐一が一番強かったディープ産駒と言った馬です。コントレイルに乗る前ね。)。血統的には一番期待できそう。

デメリット

・芝かダートか分からない点。牝馬でダート血統だとやや苦戦する可能性あり?
kuwatabokujo.com

スマイルフラワーの2019 オス

父ドレフォン、母父ステイゴールド、募集価格1400万円、1口2.8万円(500口)、初仔
http://www.yusyun-hc.co.jp/horse2019/1906.html

メリット

・母が下河辺牧場のスマイルフラワー。スマイルフラワー自身は4度出走して勝ち上がれず引退ですが、すべて3人気以内と期待された馬です。
・ドレフォン産駒。正直評価が難しい新種牡馬ですが、ノーザンファームでの種付け状況からすると数多し。ノーザンファームではディープ牝馬に数多くドレフォンをつけているとか。ディープとストームキャット系の相性の良さでしょう。
・オウサムアゲインの4x3クロス。スピード強化されそうですね。特にダートで。

デメリット

・やや小さめ。2/24生まれで遅くはないですが、10月末時点で413kg。
・初仔。
・桑田牧場なのが不思議な点。下河辺牧場がオーナーだったスマイルフラワーを桑田牧場に転出した理由が不明。

でも牧場の紹介ページを見ると応援したくなっちゃいますね。
kuwatabokujo.com

個人的な評価の順番としては、
・アーリースプリング
・ケイティマイヒメ
・フロイラインローゼ
・ソムニアシチー
・スマイルフラワー
の順です。

ただし、フロイラインローゼとソムニアシチーは、「今後の成長を見ながら」様子見としたいところですね。
ぐーんと成長してきたら、出資を検討したいです。5月くらいまで、満口はまだまだ先だと思うので、様子見します。